犬の解釈と人の解釈

  • 2017.02.24 Friday
  • 23:38

 

 

 

てっぱんのキャンディスマイル〜〜〜




 

 

おほほぉ〜〜〜〜なんて可愛いんでしょう!!

で?

アリス?

魂とられるってか??(笑)

 

 

 

 

最近のアリスは




お家では



こんなことして遊んだり

 


これって後ろ足を使う練習になるんだ

アリスが得意とするのは、90度に方向転換すること

左の位置につきながら、私と一緒に十字の中心の周りを半時計に90度づつまわっていく

最初は左足のふくらはぎあたりにおやつを持って(小型犬はつらいっ)そこに食いつかせたまま90度私が回る

手の位置に注意すれば、犬も90度ついてくる。

逆ができるようになるようにもしたいな

このしつこい練習で、ずいぶんと後ろ足の意識ができるようになったと思う

 

 

 

 


また、新しく



こんなこともはじめて

いろいろお忙しいけど




特に変わったと思うのは

前より犬に対しての自分なりの分別をつけている感が強くなったと。

よっぽど安心して遊べそうな子とはかけっこしたり、楽しそうだけど、結構限られているようだ。しつこい子、勢いのある子は明らかにノーサンキュー状態。
私の元に隠れるか、あるいは、ガウガウっと蹴散らすか

なので、大抵の場合、私と遊ぶ方を好む気がする。ただ、以前は、そういうのって理想で、そうなりたいって思っていたけど、アジリティの先生に、犬は平気かしら?と聞かれ、大丈夫ですと言ったけど、しつこい子にはガウっと一発。それを見た先生が、強気な子ね。みんなと遊ばないの?と声をかけていたが、ん〜?と違和感を感じた私。


誰でも彼でも遊べるか?人間だってそうでないと思うが。 あまりランに行かなくなって、ビビりが強くなったのか、それはそれで少し心配だけど、分別のつくお年頃になったのか。

客観的に見れば、理想的とも思うが、そこにまたこれでいいのだろうかと??のついてしまう私にいやはや情けなさを感じてしまうのであ〜る。


まぁ、それでも、明らかに自分より弱い子には激しく強気、そして、誰よりも先に人のオヤツをもらいにいくのはど〜かと思うよ(-_-;)


 

 

そして、最近つまずいてる事と言えば

 

どうしてもできないフリースタイルの動きがある

 

 

 

わかぁんなぁ〜〜〜い

 

 

 

 

この前のレッスンで、ようやく、人の解釈の仕方と犬の解釈は違うのだということに気が付いた

 

 

 

 

今さらぁ〜〜??

 

 

 

例えば

「回る」という時、

それが私の周りを回るのか、そこにある物の周りを回るのか、はたまた私の片足を回るのか、ステッキの周りを回るのか

それだけでも犬にとっては違うらしい

私から見れば、同じ「回る」じゃんっ!!と思うのだけど

犬にとってはそうでない

そうなると、ものによってコマンドが異なって来て、膨大なコマンドの数になってしまう

 

 

 

まいったぁ〜〜〜〜〜

 

きっと、経験値があがればいろいろ応用がきくのかもしれないけれど

今はひとつひとつ細かくやっていくしかないらしい

 

アジリティの先生にも言われたが

とにかくゆっくり、理解するまでゆっくり

そして、短時間の練習で飽きさせないように

日本人の苦手とするところらしいが

急がば回れ

これを肝に銘じませう

 

 

 

 

たのむよぉ〜〜

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ブログ村

今何時?

ブログ村PVランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM